スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国1日目

2006-06-05 (Mon) 16:51[ 編集 ]
2泊3日韓国
「チャングムの誓いのロケ地を巡る旅」から戻りました
今日は韓国に到着して1日目をアップします

ちなみに韓国と日本の時差はなし。
天気は記録的な夏日で気温は30度を超えていました!


そんな暑さを冷ますべく、まずは冷たいお茶を1杯いただき観光が始まりました
るぅは柚子のお茶、母は五味茶という、フルーツハーブティのようなものをチョイス。
どちらも甘酸っぱくて爽やか
060602_1208~0001.jpg

こちらでは「お茶」と呼んでいるようだけれど実際はフルーツ入りジュースみたいな感覚でした。
添えられたお茶菓子はお餅で出来ていて美味しかったです


続いて訪れたところは南大門市場
いわゆるアメ横みたいな、安くたくさんのものが手に入る市場です
060602_1247~0001.jpg

↑優しくてとってもいいガイドの白(ペク)さん。新婚さんでした


ココで私達が買ったものは韓国海苔
味見もさせてくれて、古館いちろう顔負けの日本語ペラペラおじさんが叩き売り
勢いに乗せられてあっという間に30個くらい購入してしまいました
押しに弱い親子です
コレですべての買い物が終了した私達。
かなりの時間が余っているらしく、気の利いたガイドのペクさんは
冬ソナのロケ地もちょっと見ましょうかツアー」を提案してくれました!
母は大喜び
(るぅは冬ソナもチャングムも見ていないけど、ペクさんが優しいので一応喜んだ)


そして辿りついたこちらがチェ・ジウ演じるユジンが住んでいた家だそうです。
見てた方なら分かるんでしょうか?
060602_1334~0002.jpg


さらにこの家から歩いて30秒ほどのところには、
その登場人物たちが通ったという高校もありました。
060602_1407~0001.jpg


ここはロケ地としてだけでなく、美しい町並みが有名なところで
わりと地位の高い人たちが住んでいた古い町なんですって。
060602_1337~0001.jpg

日本で言う武家屋敷みたいな雰囲気です。とても素敵でしょ?

次に訪れたのは昌徳宮(チャンドックン)という世界文化遺産。
これも急遽時間があったのでペクさんが薦めてくれた場所で、
1405年に国王の離宮として建てられたものです。
こんな素晴らしいところをツアーにもともと入れていなかった自分たちに驚きですが
日本語ツアーに参加したところ、なんと日本人が200人は居ました。
ものすごい人数
060602_1443~0001.jpg

1時間以上かかる外周に気温30度。
それでも宮殿が美しいし、木々も爽やかであまり苦にはなりませんでした。
松の木も立派です
060602_1450~0002.jpg



なぜか女の子が木の陰から手を振っていたけど・・・。
060602_1540~0002.jpg

敬礼する子もいたけど・・・・。
060602_1540~0001.jpg

とりあえず宮廷一周しました



そして今日は、チャングムのストーリーに出てくる硫黄鶏の料理を食べるのがメインイベントです。
「これが食べたかった」と母が喜んでいました。
060602_1744~0001.jpg

丸ごと薬膳風味で蒸した鶏と栗、朝鮮人参、豆などをそのまま食べます。
鶏がとっても柔らかくてヘルシーで美味しかったのでほとんど食べつくしてしまいました。


朝早くに日本を出発したため夜6時半頃にはホテルに戻り
NHK7時のニュースをオンタイムで見てからぐっすりと眠りに着いた親子。
本番は翌日。
いよいよ明日はチャングムのロケ地へ!!


スポンサーサイト

コメント

☆ようこさんへ
今回はチャングムツアーだったけど、フリーの旅にオプションでチャングムツアーをつけることも出来るようですよ。
るぅも辛いものが苦手で、ごはんが少しつらかったです(>_<) キムチがたくさんでした。。

チャムングツアーというのがあるのですか?
それともオプションで選ぶとか?
硫黄鶏の料理、ヘルシーそう♪
でもお皿に切っただけの緑の唐辛子みたいのがのってるよ。
めっちゃ辛そうだ!
うちの母も韓国行きたがってるんだけど、私が辛い物苦手なんです。
そのうち行くことになりそうだから、次回の韓国情報も楽しみに待ってます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wootang.blog18.fc2.com/tb.php/217-9ec2f3bd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。